CAE

自動車業界での流れのシミュレーションは、多くの場合、複雑な形状まわりの解析を必要とします。それらは異なるソース(例えば部品サプライヤーなど)から来る可能性があり、全てがスムーズなCAD形状であるとは限りません:
  • ボンネット/エンジンベイ、アンダートレイ
  • マニホールドやターボチャージャーの吸排気口のような複雑な内部流れ
  • 車内空調システム
  • プロトタイプ部品の形状、またはモータースポーツにおける車体の姿勢変化領域(ロール、ステア、ヨーなど)の自動評価

これらのケースのほとんどでは、鋭利部分のメッシングとゼロ厚みの部分の処理が必要なため、曲率やエッジの微調整による自動メッシュ生成が不可欠です。BOXERMeshでは、フィーチャー認識および薄厚部分の捕獲は完全に自動化されています。

さらに、複雑な自動車用CADは、部品エンティティのラベル情報と構造を維持したまま、元のCADシステムから直接インポートすることができます。これは、下流のモデリングプロセスにおけるメッシュ定義と境界条件の指定に大変便利です。

バイクのエンジンブロック周辺の表面メッシュの詳細
ロードスター周辺の流れ場
BoXeR Solutions (株)は
の完全子会社です