CAE
自動車用ブレーキキャリパーとディスク用流体/固体メッシュ
現実的な設計のためのCAEには、しばしば複雑で異なるジオメトリ源に基づいた、物理的に(特定の必要条件による各々)異なる種類のメッシュが含まれます。当初は、CFD解析に焦点を当てて開発されていました。しかし、BOXERMeshで生成したヘキサドミナントメッシュは、他分野のCAE解析にも利用されてきています:
  • 連成伝熱解析(空力と伝熱の解析、機械系の伝熱解析など)
  • マルチリージョンCFD(多孔質媒体や、複数座標系など)
  • 有限要素解析のためのメッシュ生成(特に非常に大規模で複雑なアセンブリ向け)
  • 非常に高速なターンアラウンドが鍵となるラピッドプロトタイピング/モデリング

これらのアプリケーションでは、BOXERMeshは領域間のインターフェイスで正確に適合するメッシュを生成し、下流過程におけるモデリングを極めて容易にします。

CFS社は、様々な独自技術を有するBOXERMeshを中心として、サードパーティシミュレーションソフトウェアとのワークフローを統合し、CAEのスクリプト構築など多くの実績を有しています。

流体と固体ドメイン間の等角インターフェイスの詳細
BoXeR Solutions (株)は
の完全子会社です